about

armarium

デザイナー カンダ チナツ

armarium [アルマリウム] は、ラテン語で『引き出し』の意。
作家自身の“感性の引き出し”にストックされたイメージをアクセサリーとして具現化し、
着けるひとの“感性&クローゼットの引き出し”を一杯にしたい…という
願いを込めて、名付けられた。

2005年 6月 前身ブランドを経て、『armarium』立ち上げ。
『オトナの可愛さ』をテーマに、 世界中から集めたヴィンテージ素材、
各国の伝統的なテキスタイルや天然石などを組み合わせて、
ハンドメイドの一点物アクセサリーを作り始める。

以降、お取り扱い各店へのデリバリー作品はもちろん、
個人オーダーやブライダル小物のフルオーダーも手掛けるほか、
期間限定の展示やショーにも精力的に参加し、 活動の場を広げている。

2010年6月 5周年を機に、彫金の新シリーズを発表。

素材集め・デザイン・制作のほぼ全てを、作家ー自らが担当。
コンセプトは、 『様々な”国籍・年代・質感・カラー”のレイヤード』。

brand history

2005年
6月 前身ブランドを経て、『armarium』立ち上げ。
armarium発祥のShopとなる『Fuligo』にて、お取り扱い開始。
2006年
3月 旧さくらアパートメントで開催された、
『TORQUATA』『jouer avec moa?』との合同展示に参加。
10月 クリエーターズマーケットにFuligoプロデュースにて出展。
主催者審査と来場者投票により、初参加ながらブース賞3位を受賞。
12月 セカンドライン『armarium girl's closrt』スタート。
レディスアパレルのセレクトShopにて、お取り扱い開始。
*この年、初期armariumの看板アイテムである『イヤーフック』がブレイク!
累計300本を売上げ、オーダー80本待ちという大HITを記録する。
2007年
3月 名古屋三越別館ラシックでの、期間限定展示に初参加。
以降年2回のペースで、現在も出展中。
3月 CBCテレビ番組『なつめぐ堂』出演。
2008年
10月 現『maisonette』メンバーとともに、
ブライダルをテーマにしたイベント『PRECIOUS』開催。
これを機に、ブライダルアクセサリーのフルオーダー制作を、本格的にスタート。
12月 セカンドライン『armarium girl's closrt』の制作を終了。
2009年
6月 ファッションイベント『Shadow』開催。
主催ブランドのひとつとして運営・演出に携わるとともに、
アパレルブランド『GARA』とのコラボ・ファッションショーも行う。
6月 1日アクセサリースクール開催。(以降、不定期開催中。)
2010年
3月 アトリエ移転(7月一般公開)
オーダーサロン・卸向けギャラリーを併設した、一軒家のアトリエを構える。
6月 armarium・5周年を期に、彫金の新シリーズを発表。
ハンドメイド作品との2本立て展開となり、表現の幅を広げる。
11月 東京渋谷『8s』にて、期間限定展示を開催。

▲このページの最上段へ